芸能人・経営者のおくやみ情報

石橋湛山 氏(いしばしたんざん)

政治家、内閣総理大臣、自由民主党総裁[日本]

1973年 4月25日 死去享年88歳

 - ウィキペディアより引用

石橋 湛山(いしばし たんざん、1884年〈明治17年〉9月25日 - 1973年〈昭和48年〉4月25日)は、日本のジャーナリスト、政治家、教育者(立正大学学長)。
階級は陸軍少尉(陸軍在籍時)。
位階は従二位。
勲等は勲一等。
大蔵大臣(第50代)、通商産業大臣(第12・13・14代)、内閣総理大臣(第55代)、郵政大臣(第9代)などを歴任した。
内閣総理大臣在任期間は65日であり、日本国憲法下では羽田内閣に次ぐ2番目に短く、日本の内閣史上でも4番目の短命内閣である。
早稲田大学から名誉法学博士(Doctor of Laws)を贈られた。
戦前は『東洋経済新報』により、一貫して日本の植民地政策を批判して加工貿易立国論を唱え、敗戦後は「日中米ソ平和同盟」を主張して政界で活躍した。
保守合同後初の自民党総裁選を制して総理総裁となったが、在任2ヵ月弱で発病し、退陣した。
退陣後は中華人民共和国との国交正常化に力を尽くした。
実父は身延山久遠寺第81世法主杉田日布。
その関係で、立正大学学長に就任した。
生涯 生い立ち 日蓮宗僧侶・杉田湛誓ときん夫妻の長男・省三(せいぞう)として生まれる。

関連作品