芸能人・経営者のおくやみ情報

福田赳夫 氏(ふくだたけお)

政治家、内閣総理大臣[日本]

1995年 7月25日 死去肺気腫享年91歳

 - ウィキペディアより引用

福田 赳夫(ふくだ たけお、1905年(明治38年)1月14日 - 1995年(平成7年)7月5日)は、日本の大蔵官僚、政治家。
位階は正二位。
勲等は大勲位。
衆議院議員、農林大臣(第27代)、大蔵大臣(第70・73・74・78代)、外務大臣(第99代)、行政管理庁長官(第36代)、経済企画庁長官(第26代)、内閣総理大臣(第67代)などを歴任。
来歴・人物 生い立ち 群馬県群馬郡金古町足門(現在の高崎市足門町)に父・福田善治(元金古町長)の二男として生まれた。
日露戦争において日本軍が旅順入城をした翌日に生まれたため、「赳夫」と命名された。
福田家は江戸時代には名主(庄屋)を務めた地元の名門であった。
小学校の頃から神童の誉れ高く、旧制高崎中学(現在の群馬県立高崎高等学校)を首席で卒業し、第一高等学校から東京帝国大学法学部へ進学。
官僚時代 高等文官試験に一番の成績で合格し、大蔵省に入省した。
大蔵省入省から1年を経ずに、財務官付の役職でロンドンの在英日本大使館に派遣された。

関連商品

  • タイトル
    回顧九十年
    著者
    • 福田赳夫
    出版社
    岩波書店
    ページ数
    発売日
    新品価格
    ¥1,149
    中古商品
    ¥1,149より
  • タイトル
    保守政権の担い手―私の履歴書 (日経ビジネス人文庫)
    著者
    出版社
    日本経済新聞出版社
    ページ数
    発売日
    新品価格
    ¥3,980
    中古商品
    ¥3,980より
  • 品名
    劇画自民党総裁 激闘・三木武夫vs福田赳夫 (SPコミックス)
    販売者
    リイド社
    発売日
    新品価格
    ¥389
    中古商品
    ¥389より
  • タイトル
    歴史劇画 大宰相 第五巻 田中角栄の革命 (講談社文庫)
    著者
    出版社
    講談社
    ページ数
    発売日
    新品価格
    ¥1,034
    中古商品
  • タイトル
    回顧九十年 (岩波オンデマンドブックス)
    著者
    • 福田赳夫
    出版社
    岩波書店
    ページ数
    発売日
    新品価格
    ¥6,050
    中古商品
    ¥5,040より
  • タイトル
    福田赳夫と日本経済
    著者
    • 古沢健一
    出版社
    講談社
    ページ数
    発売日
    新品価格
    ¥567
    中古商品
    ¥567より
  • タイトル
    自民党諸君に告ぐ 福田赳夫の霊言
    著者
    • 大川隆法
    出版社
    幸福の科学出版
    ページ数
    発売日
    新品価格
    ¥1,540
    中古商品
    ¥985より
  • タイトル
    世界はなぜ争うのか ―国家・宗教・民族と倫理をめぐって―
    著者
    出版社
    朝倉書店
    ページ数
    発売日
    新品価格
    ¥2,035
    中古商品
    ¥570より
  • タイトル
    田中角栄VS福田赳夫 昭和政権暗闘史 四巻 (静山社文庫)
    著者
    • 大下英治
    出版社
    静山社
    ページ数
    発売日
    新品価格
    ¥315
    中古商品
    ¥273より
  • タイトル
    松下幸之助全研究 (5) 素顔に迫る 72人のエッセイ
    著者
    出版社
    学研
    ページ数
    発売日
    新品価格
    ¥393
    中古商品
    ¥345より
  • ふくだたけお [生]1905.1.14.群馬[没]1995.7.5.東京政治家。東京大学を卒業。大蔵省に入る。1948年主計局長時代,昭和電工事件で起訴されたがのち無罪。52年衆議院議員に当選。岸信介と結ぶ。以来90年に引退するまで当選14回。1959年岸政権のもとで自由民主党幹事長,農相。池田政権を批判し,62年党風刷新連盟をつくり活動。佐藤政権の実現を推進し,蔵相,党幹事長,外相を歴任。佐藤栄作の後継者と目されたが,72年の自民党総裁選挙で田中角栄に敗れる。73年の石油危機の頃,愛知蔵相急死後蔵相となり,狂乱物価抑制に努めた。三木政権の副総理,経済企画庁長官。76年12月,自民党総裁,首相となる。78年8月日中平和友好条約を締結するなど諸懸案を処理したが,同年11月の自民党総裁選挙に敗れ,同12月退陣した。 (引用元 コトバンク)