芸能人・経営者のおくやみ情報

梶原景時(かじわらかげとき)

武将[日本]

(正治2年1月20日没)

(ユリウス暦) 1200年 2月6日 死去自害

梶原景時 - ウィキペディアより引用

梶原 景時(かじわら かげとき)は、平安時代末期から鎌倉時代初期にかけての武将。
鎌倉幕府の有力御家人。
石橋山の戦いで源頼朝を救ったことから重用され侍所所司、厩別当となる。
当時の東国武士には珍しく教養があり、和歌を好み、「武家百人一首」にも選出されている。
源義経と対立した人物として知られるが、頼朝の信任厚く、都の貴族からは「一ノ郎党」「鎌倉ノ本体ノ武士」と称されていた。
鎌倉幕府では頼朝の寵臣として権勢を振るったが、頼朝の死後に追放され一族とともに滅ぼされた(梶原景時の変)。

推定関連画像