芸能人・経営者のおくやみ情報

上原勇作(うえはらゆうさく)

元帥陸軍大将、子爵[日本]

1933年 11月8日 死去享年78歳

 - ウィキペディアより引用

上原 勇作(うえはら ゆうさく、安政3年11月9日(1856年12月6日) - 1933年(昭和8年)11月8日)は、安政期から昭和期の陸軍軍人。
元帥陸軍大将従一位大勲位功二級子爵、聖マイケル・聖ジョージ勲章ナイト・グランド・クロス(GCMG)。
陸軍大臣、教育総監、参謀総長。
薩摩藩領であった日向国都城(現宮崎県都城市)出身。
妻は野津道貫の娘、槙子。
山縣有朋、桂太郎ら長州閥の元老凋落の後に陸軍に君臨し、強力な軍閥(上原閥)を築き上げた。
上原閥に属する者に荒木貞夫、真崎甚三郎、柳川平助、小畑敏四郎らがいた。
陸軍大臣、教育総監、参謀総長の「陸軍三長官」を歴任した上で元帥府に列せられたのは、帝国陸軍史上、上原、杉山元の2名のみである。

関連作品

  • タイトル
    上原勇作関係文書
    種別
    単行本
    著者
    • 上原勇作関係文書研究会
    出版社
    東京大学出版会
    ページ数
    発売日
    新品価格
    ¥60,750
    中古商品
    ¥60,750より
  • タイトル
    上原勇作日記
    種別
    単行本
    著者
    • 尚友倶楽部
    出版社
    芙蓉書房出版
    ページ数
    発売日
    新品価格
    ¥7,480
    中古商品
    ¥10,390より