芸能人・経営者のおくやみ情報

高峰譲吉(たかみねじょうきち)

化学者、三共 創業者[日本]

1922年 7月22日 死去享年69歳

高峰譲吉 - ウィキペディアより引用

高峰 譲吉(たかみね じょうきち、嘉永7年11月3日(1854年12月22日) - 大正11年(1922年)7月22日)は、日本の化学者、実業家。
工学博士及び薬学博士。
タカジアスターゼ、アドレナリンを発見し、アメリカ合衆国で巨万の財を成した。
理化学研究所の設立者の一人。
1912年帝国学士院賞受賞、1913年帝国学士院会員。
現在の東京大学工学部の前身の一つである工部大学校卒。

関連作品

高峰譲吉が亡くなってから、100年と134日が経過しました。(36659日)