芸能人・経営者のおくやみ情報

チャールズ・リンドバーグCharles Augustus Lindbergh

飛行家[アメリカ]

1974年 8月26日 死去享年73歳

チャールズ・リンドバーグ - ウィキペディアより引用

チャールズ・オーガスタス・リンドバーグ(英語: Charles Augustus Lindbergh, 1902年2月4日 - 1974年8月26日)は、アメリカ合衆国の飛行家で、ハーモン・トロフィー、名誉勲章、議会名誉黄金勲章の受賞者。
1927年に「スピリット・オブ・セントルイス」と名づけた単葉単発単座のプロペラ機でニューヨーク‐パリ間を飛び、大西洋単独無着陸飛行に初めて成功。
1931年には北太平洋横断飛行にも成功した。
生涯[編集] 生い立ち[編集] スウェーデン移民の息子としてミシガン州デトロイト市で生まれ、ミネソタ州リトルフォールズで成長した。
父チャールズ・オーガスト(en:Charles August Lindbergh)は弁護士、その後共和党の連邦議会下院議員に当選し、孤立主義者として第一次世界大戦へのアメリカの参戦に反対した。
母エヴァンジェリン(Evangeline Lodge Land Lindbergh)は化学教師だった。
リンドバーグは幼少時から機械への関心を示したが、1922年には機械工学から離れ、ネブラスカ航空機でパイロットと整備士の訓練に参加したあとカーティスJN-4「ジェニー」を買い、曲芸飛行パイロットになった。
1924年にはアメリカ陸軍航空隊で飛行士として訓練を始めた。
訓練を一番の成績で終え1920年代には郵便機などの民間パイロットとして働いた。
大西洋単独無着陸飛行[編集] 1927年5月20日5時52分(出発時の現地時刻)、リンドバーグはスピリットオブセントルイス号(ライアンNYP)にサンドイッチ4つと水筒2本分の水、1700 ……

推定関連画像

チャールズ・リンドバーグが亡くなってから、49年と331日が経過しました。(18228日)