芸能人・経営者のおくやみ情報

白洲正子 氏(しらすまさこ)

作家[日本]

(白洲次郎夫人)

1998年 12月26日 死去肺炎享年89歳

白洲正子 - ウィキペディアより引用

白洲 正子(しらす まさこ、1910年(明治43年)1月7日 - 1998年(平成10年)12月26日)は、日本の随筆家。
東奔西走する姿から、「韋駄天お正」とあだ名された。
読売文学賞二度受賞。
華族出身で幼少時より能を習い、14歳で米国留学。
確かな審美眼と精緻な文章で日本の美を追求する作品を多数著した。
著書に『能面』(1963年)、『かくれ里』(1971年)、『西行』(1988年)、『夢幻抄』(1997年)など。

関連作品

白洲正子さんが亡くなってから、24年と40日が経ちました。(8806日)