芸能人・経営者のおくやみ情報

久米正雄 氏(くめまさお)

作家[日本]

1952年 3月1日 死去脳溢血享年62歳

久米正雄 - ウィキペディアより引用

久米 正雄(くめ まさお、1891年(明治24年)11月23日 - 1952年(昭和27年)3月1日 )は、日本の小説家、劇作家、俳人。
俳号は三汀(さんてい)。
“微苦笑”という語の発明者として有名。
永井龍男は義弟(永井の妻が、久米の妻の妹)。
息子の久米昭二はNHKの演芸番組のディレクターとなり、女優音羽美子と結婚した。
長野県上田市生まれ。
父・由太郎は江戸出身で町立上田尋常高等小学校(現在の上田市立清明小学校)の校長として上田に赴任し、正雄が生まれた。
父は1898年(明治31年)に小学校で起きた火災によって明治天皇の御真影を焼いてしまった責任を負って、自らの腹を切って自殺。
このため、正雄は母の故郷である福島県安積郡桑野村で育つ。
母方の祖父は中條政恒とともに安積原野開拓に携わった一人。
旧制の福島県立安積中学校(現福島県立安積高等学校)では俳句に熱中し、俳壇で有望視された。
無試験で第一高等学校文科に推薦入学。
東京帝国大学文学部英文学科に在学中、成瀬正一、松岡譲らと第三次「新思潮」を創刊し、作品を発表。

(1891-1952) 小説家・劇作家。長野県生まれ。東大卒。第三、四次「新思潮」同人。同誌に「牛乳屋の兄弟」などを発表。のち感傷的作風の通俗小説に転じ、流行作家となった。他に「受験生の手記」「破船」など。 三省堂提供「大辞林 第二版」より (引用元 Hatena Keyword)