芸能人・経営者のおくやみ情報

大佛次郎 氏(おさらぎじろう)

作家[日本]

1973年 4月30日 死去肝臓がん享年77歳

 - ウィキペディアより引用

大佛 次郞(おさらぎ じろう、新字体:大仏 次郎、1897年(明治30年)10月9日 - 1973年(昭和48年)4月30日)は、日本の作家・小説家。
本名:野尻 清彦(のじり きよひこ)。
『鞍馬天狗』シリーズの作者として有名で、現代小説、歴史小説、ノンフィクション、さらには新歌舞伎や童話などまでを幅広く手がけた。
神奈川県横浜市英町に生まれた。
横浜市立太田小学校に入学後、数か月で津久戸小学校に転校、その後白金小に転校。
東京府立一中、一高を経て、東京帝国大学法学部政治学科を卒業。
その後、鎌倉高等女学校(現・鎌倉女学院高等学校)教師となった。
ついで外務省条約局嘱託となり、この時代にさまざまなペンネームを駆使して小説、翻訳、翻案を書き、関東大震災後に退職して小説家の道に進んだ。
娯楽雑誌『ポケット』に事実上のデビュー作となる小説『隼の源次』を発表するときに初めて「大佛次郎」のペンネームを使い、以後これが終生彼のペンネームとなった。

関連商品

  • タイトル
    スイッチョねこ (フレーベルのえほん 7)
    著者
    • 大佛次郎
    • 安泰
    出版社
    フレーベル館
    ページ数
    発売日
    新品価格
    ¥166
    中古商品
    ¥166より
  • タイトル
    旅の誘い 大佛次郎随筆集 (講談社文芸文庫)
    著者
    • 大佛次郎
    出版社
    講談社
    ページ数
    発売日
    新品価格
    ¥1,320
    中古商品
    ¥491より
  • タイトル
    猫のいる日々: 〈新装版〉 (徳間文庫)
    著者
    • 大佛次郎
    出版社
    徳間書店
    ページ数
    発売日
    新品価格
    ¥748
    中古商品
    ¥1より
  • タイトル
    帰郷 (P+D BOOKS)
    著者
    • 大佛次郎
    出版社
    小学館
    ページ数
    発売日
    新品価格
    ¥715
    中古商品
    ¥1,195より
  • タイトル
    大佛次郎 (新潮日本文学アルバム)
    著者
      出版社
      新潮社
      ページ数
      発売日
      新品価格
      ¥1,320
      中古商品
      ¥100より
    • タイトル
      大佛次郎の「大東亜戦争」 (講談社現代新書)
      著者
      • 小川和也
      出版社
      講談社
      ページ数
      発売日
      新品価格
      ¥715
      中古商品
    • タイトル
      赤穂浪士〈上〉 (新潮文庫)
      著者
      • 大佛次郎
      出版社
      新潮社
      ページ数
      発売日
      新品価格
      ¥229
      中古商品
      ¥229より
    • タイトル
      大佛次郎エッセイ・セレクション2人間と文明を考える――水の音
      著者
      • 大佛次郎
      出版社
      小学館
      ページ数
      発売日
      新品価格
      ¥1,067
      中古商品
    • 品名
      大佛次郎 天皇の世紀 全17巻セット
      販売者
      発売日
      新品価格
      ¥4,340
      中古商品
      ¥4,300より
    • おさらぎじろう [生]1897.10.9.神奈川,横浜[没]1973.4.30.東京,中央小説家。本名,野尻清彦。長兄は随筆家の野尻抱影。第一高等学校を経て1921年東京帝国大学政治学科卒業。1922年外務省条約局に勤務。学生時代に劇団テアトル・デ・ビジュウを組織したり,バートランド・ラッセルやピョートル・クロポトキンを耽読したりした。卒業後もロマン・ロランや外国の伝記文学の抄訳を続けるうちに,エドガー・アラン・ポーの『ウィリアム・ウィルソン』からヒントを得た『隼(はやぶさ)の源次』(1924)を発表。続いて『鬼面の老女』(1924)をはじめとする剣のスーパーマン「鞍馬天狗」シリーズ(1965年の『地獄太平記』にいたる47編)を書きだす一方,『照る日くもる日』(1926~27),『赤穂浪士』(1927~28)などの新聞小説で大衆文学にゆるぎない地位を確立した。また現代物でも『白い姉』(1931)以来佳作を書き続け,戦後第一作となる日本芸術院賞受賞作『帰郷』(1948)および『宗方姉妹』(1949)で西欧的知性に基づく健全な保守性と進歩思想の調和を示した。その後,『楊貴妃』(1951),『若き日の信長』(1952)をはじめとする戯曲のほか,『ドレフュス事件』(1930),『ブウランジェ将軍の悲劇』(1935),『パナマ事件』(1959)と合わせて四部作をなす,パリ・コミューンの首尾を追究した『パリ燃ゆ』(1961~64)など歴史の波動を伝えつつ日本の現状を批判する力作を書いた。幕末から明治へかけての動乱を描いたライフワーク『天皇の世紀』(1967~73)は死により未完に終わった。1964年文化勲章受章。1973年に大佛次郎賞が設けられた。横浜市の港の見える …… (引用元 コトバンク)