芸能人・経営者のおくやみ情報

山本健吉 氏(やまもとけんきち)

文芸評論家[日本]

1988年 5月7日 死去享年82歳

山本健吉 - ウィキペディアより引用

山本 健吉(やまもと けんきち、1907年(明治40年)4月26日 - 1988年(昭和63年)5月7日)は、日本の文芸評論家。
本名は石橋貞吉(ていきち)。
俳句批評から出発し、古典から現代文学まで幅広く追究。
個性と伝統の問題にせまる独自の批評を確立した。
昭和を代表する文芸評論家の一人である。
日本芸術院会員、文化功労者、文化勲章受章者。
著書に『現代俳句』(1951年)、『古典と現代文学』(1955年)、『いのちとかたち』(1981年)など。
文芸評論家石橋忍月の三男。
最初の妻は俳人の石橋秀野。
なお秀野の妹は漫画家の清水崑の妻である歌人の清水恒子。
俳文学会、日中文化交流協会、日本ペンクラブ、各会員。

関連作品

山本健吉さんが亡くなってから、35年と353日が経ちました。(13137日)