芸能人・経営者のおくやみ情報

中村草田男 氏(なかむらくさたお)

俳人[日本]

1983年 8月5日 死去急性肺炎享年83歳

中村 草田男(なかむら くさたお、1901年〈明治34年〉7月24日 - 1983年〈昭和58年〉8月5日)は、日本の俳人・国文学者。
成蹊大学名誉教授。
本名は中村 清一郎(なかむら せいいちろう)。
中国アモイ出身。
東京帝国大学国文科卒。
高浜虚子に師事、「ホトトギス」で客観写生を学びつつ、ニーチェなどの西洋思想から影響を受け、生活や人間性に根ざした句を模索。
石田波郷、加藤楸邨らとともに人間探求派と呼ばれた。
「萬緑」を創刊・主宰。
戦後は第二芸術論争をはじめとして様々な俳句論争で主導的な役割をもった。
次世代の金子兜太などに多大な影響を与えた。
忌日は「草田男忌」として、季語になっている。

関連作品

  • タイトル
    蕪村集
    種別
    単行本
    著者
    • 中村草田男
    出版社
    大修館書店
    ページ数
    発売日
    新品価格
    ¥2,860
    中古商品
    ¥199より
  • タイトル
    現代俳句の世界 6 中村草田男集 (朝日文庫 げ)
    種別
    文庫
    著者
    • 中村草田男
    出版社
    朝日新聞出版
    ページ数
    発売日
    新品価格
    ¥100
    中古商品
    ¥100より

中村草田男が亡くなってから、40年と201日が経過しました。(14811日)