芸能人・経営者のおくやみ情報

金子兜太 氏(かねことうた)

俳人[日本]

2018年 2月20日 死去急性呼吸促迫症候群享年100歳

金子兜太 - ウィキペディアより引用

金子 兜太(かねこ とうた、1919年(大正8年)9月23日 - 2018年(平成30年)2月20日)は、埼玉県出身の日本の俳人。
現代俳句協会名誉会長。
日本芸術院会員。
2008年文化功労者選出。
小林一茶、種田山頭火の研究家としても知られる。
加藤楸邨に師事。
「寒雷」所属を経て「海程」を創刊、主宰。
戦後の社会性俳句運動、前衛俳句運動において理論と実作の両面で中心的な役割を果たし、その後も後進を育てつつ第一線で活動した。
上武大学文学部教授、現代俳句協会会長などを歴任。

関連作品

金子兜太さんが亡くなってから、6年と155日が経ちました。(2347日)