芸能人・経営者のおくやみ情報

種田山頭火(たねださんとうか)

俳人[日本]

1940年 10月11日 死去享年59歳

種田山頭火 - ウィキペディアより引用

種田 山頭火(たねだ さんとうか、本名:種田 正一(たねだ しょういち)、1882年(明治15年)12月3日 - 1940年(昭和15年)10月11日)は、日本の自由律俳句の俳人。
山頭火とだけ呼ばれることが多い。
山口県佐波郡(現在の防府市)生まれ。
『層雲』の荻原井泉水門下。
1925年に熊本市の曹洞宗報恩寺で出家得度して耕畝(こうほ)と改名。
各地を放浪しながら1万2000余りの句を詠んだ。

関連作品

種田山頭火が亡くなってから、83年と232日が経過しました。(30548日)