芸能人・経営者のおくやみ情報

尾崎放哉(おざきほうさい)

俳人[日本]

1926年 4月7日 死去享年42歳

尾崎放哉 - ウィキペディアより引用

尾崎 放哉(おざき ほうさい、本名:尾崎 秀雄〈おざき ひでお〉、1885年〈明治18年〉1月20日 - 1926年〈大正15年〉4月7日)は、日本の俳人。
『層雲』の荻原井泉水に師事。
種田山頭火らと並び、自由律俳句のもっとも著名な俳人の一人である。
鳥取県鳥取市出身。
大正15年、4月7日(大学時代の恩師・穂積陳重と同日)に南郷庵で死去。
死因は癒着性肋膜炎合併症、湿性咽喉カタル。
種田山頭火と並ぶ自由律俳句の雄。
活動の場を荻原井泉水の主宰する「層雲」に求め、僧形に身をやつして、貧窮のうちに病没した点でも共通している。
一高俳句会に属し、東大では「日本俳句」や「国民新聞」に投句していたが、いずれも定型律で、自由律への移行は後年。
エリートコースから脱落し、敗残の身を小豆島に落ち着かせた以後の作品には、一層の深みと象徴性が加わっている。

関連作品

尾崎放哉が亡くなってから、97年と329日が経過しました。(35758日)