芸能人・経営者のおくやみ情報

小林一茶(こばやしいっさ)

俳諧師[日本]

(文政10年11月19日没)

1828年 1月5日 死去享年66歳

 - ウィキペディアより引用

小林 一茶(こばやし いっさ、宝暦13年5月5日(1763年6月15日) - 文政10年11月19日(1828年1月5日))は、日本の俳人。
本名は小林弥太郎[† 1]、一茶とは俳号である。
別号は圯橋、菊明、新羅坊、亜堂。
庵号は二六庵、俳諧寺。
信濃国柏原で中農の子として生まれた。
15歳の時に奉公のために江戸へ出て、やがて俳諧と出会い、「一茶調」と呼ばれる独自の俳風を確立して松尾芭蕉、与謝蕪村と並ぶ江戸時代を代表する俳諧師の一人となった。
文中の年代については、明治6年以前は何日の出来事であったか明記したものについて和暦(西暦)の形で日まで表記し、日まで表記しなかったものは和暦の年号をもとに和暦(西暦)で標示した。
また明治6年の明治改暦以降についても、明治6年以前の表記と統一性を持たせるために和暦(西暦)の表記とした。
また、文中の年齢は数え年で表記した。

関連作品

小林一茶が亡くなってから、193年と291日が経過しました。(70784日)