芸能人・経営者のおくやみ情報

水上勉 氏

作家[日本]

2004年 9月8日 死去肺炎享年86歳

水上勉 - ウィキペディアより引用

水上 勉(みずかみ つとむ、みなかみ つとむ、1919年(大正8年)3月8日 - 2004年(平成16年)9月8日)は、日本の男性小説家。
福井県大飯郡本郷村(現:おおい町)生まれ。
苗字の読み「みずかみ」は本姓であり、筆名(ペンネーム)としては、長年「みなかみ」が使用された。
一時、筆名(ペンネーム)としても「みずかみ」を使用するも、徹底しなかったために「みなかみ」に戻したとの説もある。
なお、特撮テレビドラマ『魔人ハンター ミツルギ』の主題歌を作曲した歌手の水上勉とは、同姓同名の別人である。
生涯 福井県の棺桶職人の家に生まれ、5人兄弟の次男として育った。
生家は乞食谷(こじきだん)という谷の上にあり、そこは死体を埋める谷のとば口で、一家は地元の素封家の所有する薪小屋に住んでいた。
貧困から、9歳(一説には10歳)の時、京都の臨済宗寺院相国寺塔頭、瑞春院に小僧として修行に出される(この時、寺に住み込んで画の練習をしている南画家の服部二柳を見ている)が、あまりの厳しさに出奔。

  • 題名
    水上勉の時代
    著者
    発売元
    田畑書店
    ページ数
    336ページ
    発売日
    2019-06-28
    新品価格
    ¥ 3,456
    中古商品
    ¥ 3,071 より
  • 題名
    一休 (中公文庫)
    著者
    水上勉
    発売元
    中央公論社
    ページ数
    474ページ
    発売日
    1997-05-18
    新品価格
    ¥ 1,008
    中古商品
    ¥ 302 より
  • 題名
    土を喰ふ日々―わが精進十二ケ月
    著者
    水上勉
    発売元
    文化出版局
    ページ数
    269ページ
    発売日
    1978-12-01
    新品価格
    ¥ 1,404
    中古商品
    ¥ 45 より
  • 題名
    雁の寺・越前竹人形 (新潮文庫)
    著者
    水上勉
    発売元
    新潮社
    ページ数
    352ページ
    発売日
    1969-03-24
    新品価格
    ¥ 594
    中古商品
    ¥ 1 より
  • 題名
    金閣炎上(新潮文庫)
    著者
    水上勉
    発売元
    新潮社
    ページ数
    218ページ
    発売日
    1986-02-27
    新品価格
    中古商品
  • 題名
    故郷 (集英社文庫)
    著者
    水上勉
    発売元
    集英社
    ページ数
    624ページ
    発売日
    2004-11-19
    新品価格
    ¥ 1,008
    中古商品
    ¥ 69 より
  • 題名
    同じ世代を生きて―水上勉・不破哲三往復書簡
    著者
    水上勉
    発売元
    新日本出版社
    ページ数
    237ページ
    発売日
    2007-08
    新品価格
    中古商品
    ¥ 2 より
  • 題名
    故郷 (集英社文庫)
    著者
    水上勉
    発売元
    集英社
    ページ数
    385ページ
    発売日
    2004-11-24
    新品価格
    中古商品
  • 題名
    飢餓海峡(上) (新潮文庫)
    著者
    水上勉
    発売元
    新潮社
    ページ数
    512ページ
    発売日
    1990-04-08
    新品価格
    ¥ 767
    中古商品
    ¥ 1 より
  • 題名
    父・水上勉をあるく
    著者
    窪島誠一郎
    発売元
    彩流社
    ページ数
    143ページ
    発売日
    2015-07-06
    新品価格
    ¥ 2,700
    中古商品
    ¥ 2,050 より

みずかみつとむ [生]1919.3.8.福井,本郷[没]2004.9.8.長野,東御小説家。少年時代徒弟に出された京都の寺を脱走,店員,行商人,集金人などを転々としながら立命館大学国文科に学ぶが中退。のち宇野浩二に師事する。『フライパンの歌』(1948)で注目されたが,生活に追われ約10年の空白をおいたのち『霧と影』(1959)で文壇に復帰,『海の牙』(1960)によって推理小説の新人として登場。その後『雁の寺』(1961)で直木賞を受け,『越後つついし親不知』(1962),『五番町夕霧楼』(1962),『越前竹人形』(1963),『飢餓海峡』(1963),『宇野浩二伝』(1971),『一休』(1975),『寺泊』(1977),『良寛』(1984)などを発表。1986年日本芸術院会員。1998年文化功労者。 (引用元 コトバンク)