芸能人・経営者のおくやみ情報

宇野浩二(うのこうじ)

作家[日本]

1961年 9月21日 死去享年71歳

宇野 浩二(うの こうじ、1891年(明治24年)7月26日 - 1961年(昭和36年)9月21日)は、日本の小説家・作家。
本名は、宇野格次郎。
父は六三郎、母はキョウ。
7歳年長の兄・崎太郎は幼時に脳膜炎にかかり知的障害があった。
福岡県福岡市南湊町(現在の福岡市中央区荒戸一丁目)に生まれる。
早稲田大学英文科中退。
『蔵の中』『苦の世界』など、おかしみと哀感のある作品を独自の説語体で発表し、文壇に認められた。
その後『山恋ひ』『子を貸し屋』などで作風の幅を広げた。
一時精神に変調をきたすが、復活後は冷厳に現実を見つめる簡素で写実的な作風に転じ、『枯木のある風景』『器用貧乏』『思ひ川』などを発表。
他に松川事件の被告を弁護した『世にも不思議な物語』などがある。

関連作品

宇野浩二が亡くなってから、60年と73日が経過しました。(21988日)