芸能人・経営者のおくやみ情報

宇野浩二 氏(うのこうじ)

作家[日本]

1961年 9月21日 死去享年71歳

 - ウィキペディアより引用

宇野 浩二(うの こうじ、1891年(明治24年)7月26日 - 1961年(昭和36年)9月21日)は、日本の小説家・作家。
本名は、宇野格次郎。
福岡県福岡市南湊町(現在の福岡市中央区荒戸一丁目)に生まれる。
父は六三郎、母はキョウ。
7歳年長の兄・崎太郎は幼時に脳膜炎にかかり知的障害があった。
略年譜 1891年(明治24年)0歳 福岡県師範学校の教員であった父・六三郎と母・キョウの次男として福岡市湊町に生まれる。
1894年(明治27年) 3歳 父・六三郎が脳溢血で急死。
父の従弟・本多義知(当時、明治燐寸会社社長)を頼って神戸市湊町へ移った。
1895年(明治28年) 5歳 母が六三郎の遺産を六三郎の姉の夫・入江憲治(大阪伊丹在の大庄屋)に預託することとなり本多家に居づらくなったので大阪市東区糸屋町一丁目に移り祖母・里勢も同居した。
母はここで志村新子という若い女性や軍用商人、新派俳優松平龍太郎・秋月桂太郎などと交際し清元・三味線を覚え、浩二もしばしば芝居小屋に出入りするようになった。

関連作品