芸能人・経営者のおくやみ情報

アレクサンドル・プーシキンAleksandr Pushkin

作家詩人[ロシア]

1837年 2月10日 死去決闘享年39歳

アレクサンドル・プーシキン - ウィキペディアより引用

アレクサンドル・セルゲーヴィチ・プーシキン(ロシア語: Александр Сергеевич Пушкин、1799年6月6日(旧暦5月26日) - 1837年2月10日(旧暦1月29日))は、ロシアの詩人・作家。
ロシア近代文学の嚆矢とされる。
生涯 モスクワに出生。
父親は由緒ある家柄のロシアの地主貴族。
母親の祖父アブラム・ペトロヴィチ・ガンニバルは、ピョートル1世に寵愛された黒人奴隷上がりのエリート軍人であった。
おじのワシーリイ・リヴォーヴィチは詩人であり、カラムジンやドミートリエフなどの当時の詩人らがプーシキン家に出入りしていた。
プーシキンは早くから文学に親しみ、また乳母はロシアの民話や民謡に詳しく、彼に影響を与えた。
ペテルブルク郊外のツァールスコエ・セロー(現在はプーシキンと呼ばれる)にあったリツェイ(学習院)での公開試験で朗読した自作の詩『ツァールスコエ・セローの思い出』が、デルジャーヴィンに認められる。

アレクサンドル・セルゲーヴィチ・プーシキン(1799-1837) 19世紀はじめのロシア文学〈金の時代〉を代表する詩人であると同時にその後のゴーゴリ、ドストエフスキー、トルストイ、チェーホフといたるロシア文学隆盛の原点となった詩人。 詩のほかにも、韻文長篇小説『エヴゲーニイ・オネーギン』や『スペードの女王』『大尉の娘』などの小説、『ボリス・ゴドゥノフ』などの戯曲が代表作として知られる。 (引用元 Hatena Keyword)

「アレクサンドル・プーシキン」と関連する人物(故人)