芸能人・経営者のおくやみ情報

中野好夫 氏(なかのよしお)

文芸評論家、英文学者[日本]

1985年 2月20日 死去肝臓がん享年83歳

中野 好夫(なかの よしお、1903年(明治36年)8月2日 - 1985年(昭和60年)2月20日)は、日本の英文学者、評論家。
英米文学翻訳者の泰斗であり、訳文の闊達さでも知られている。
来歴・人物 愛媛県松山市生まれ。
旧制徳島中学校(現在の徳島県立城南高等学校)在学中、スパルタ教育に反発して退学。
のち旧制第三高等学校へ入学。
旧制第三高等学校では野球部に入っており、野球部の1年先輩には戦前最後の沖縄県知事を務めた島田叡がいた。
第三高等学校卒業後に入学した東京帝国大学文学部英文学科で斎藤勇に師事。
同じ斎藤勇の弟子に平井正穂がいる。
1926年(大正15年)に卒業後、新聞社入社に失敗して千葉県の私立成田中学校に英語教師として赴任。
1929年(昭和4年)に東京府立女子師範学校兼府立二女教師、1932年(同7年)から東京女高師教授などを経て、1935年(同10年)から東京帝国大学助教授。
その風貌とシニカルかつ骨太な性格から「叡山の僧兵の大将」との異名を取った。
この時期の教え子に木下順二や丸谷才一、野崎孝などがいる。
1945年(昭和20年)、敗戦を機に社会評論の分野に進出。

なかのよしお [生]1903.8.2.愛媛[没]1985.2.20.東京評論家,英文学者。東京大学卒業後,中学,師範学校の教師を経て,1935年東大助教授,48年教授。53年,研究に専念できる経済的処遇を与えられていないという理由で,大学を辞職。型破りな行動が話題となる。同年雑誌『平和』の編集長となり,自由な評論活動に入る。その活動の背景には専門の英文学と西欧理解に基づく合理主義があり,原水爆禁止,反安保,革新都政など,戦後民主主義運動のすべてにかかわることとなった。代表作『アラビアのロレンス』(1940),『文学試論集』(43),『蘆花徳冨健次郎』(72~74,大仏次郎賞)など。また,シェークスピアやモームの諸作品,ギボンの『ローマ帝国衰亡史』(10巻予定のうち4巻,76~85)などのすぐれた翻訳がある。ほかに『中野好夫集』(11巻,84~85)。 (引用元 コトバンク)