芸能人・経営者のおくやみ情報

司馬江漢(しばこうかん)

絵師浮世絵師蘭学者[日本]

(別名・鈴木春重、文政元年10月21日没)

1818年 11月19日 死去享年72歳

 - ウィキペディアより引用

司馬 江漢(しば こうかん、延享4年(1747年) - 文政元年10月21日(1818年11月19日)は、江戸時代の絵師、蘭学者。
青年時代は浮世絵師の鈴木春信門下で鈴木春重(すずき はるしげ)を名乗り、中国(清)より伝わった南蘋派の写生画法や西洋絵画も学んで作品として発表し、日本で初めて腐蝕銅版画を制作した。
さらに版画を生かした刊行物で、世界地図や地動説など西洋の自然科学を紹介した。
本名は安藤吉次郎、安藤峻。
俗称は勝三郎、後に孫太夫。
字は君嶽、君岡、司馬氏を称した。
また、春波楼(しゅんぱろう)、桃言、無言道人、西洋道人と号す。

関連作品

司馬江漢が亡くなってから、202年と301日が経過しました。(74082日)