芸能人・経営者のおくやみ情報

大槻玄沢(おおつきげんたく)

蘭学者[日本]

(諱・茂質、号・磐水、文政10年3月30日没)

1827年 4月25日 死去享年71歳

 - ウィキペディアより引用

大槻 玄沢(おおつき げんたく、宝暦7年9月28日(1757年11月9日)- 文政10年3月30日(1827年4月25日))は、一関藩出身の江戸時代後期の蘭学者。
諱は茂質(しげかた)、字は子煥(しかん)。
出身地の磐井から磐水(ばんすい)と号す。
『解体新書』の翻訳で有名な杉田玄白・前野良沢の弟子。
「玄沢」とは、師である2人から一文字ずつもらってつけた通り名である。

関連作品

大槻玄沢が亡くなってから、194年と225日が経過しました。(71084日)