芸能人・経営者のおくやみ情報

頼山陽(らいさんよう)

歴史家、思想家、漢詩人[日本]

(天保3年9月23日生)

1832年 10月16日 死去享年53歳

 - ウィキペディアより引用

頼 山陽(らい さんよう、安永9年12月27日(1781年1月21日) - 天保3年9月23日(1832年10月16日))は、大坂生まれの江戸時代後期の歴史家、思想家、漢詩人、文人。
幼名は久太郎(ひさたろう)、名は襄(のぼる)、字は子成。
山陽、三十六峯外史と号した。
主著に『日本外史』があり、これは幕末の尊皇攘夷運動に影響を与え、日本史上のベストセラーとなった。
生涯 父の頼春水は若くして詩文や書に秀で、大坂へ遊学し尾藤二洲や古賀精里らとともに朱子学の研究を進め、江戸堀北(現・大阪市西区江戸堀の金光教玉水教会付近)に私塾「青山社」を開いた。
青山社の近隣には篠崎三島、篠崎小竹、後藤松陰、並河寒泉ら多くの文人や学者が居住していた。
山陽はこの頃の安永9年(1780年)、同地で誕生。
母は飯岡義斎の長女で歌人の頼梅颸、その妹は尾藤二洲に嫁いでいる。
天明元年(1781年)12月、父が広島藩の学問所創設にあたり儒学者に登用されたため転居し、城下の袋町(現・広島市中区袋町)で育った。

関連作品