芸能人・経営者のおくやみ情報

帆足杏雨(ほあしきょうう)

文人画家[日本]

1884年 6月9日 死去享年75歳

帆足杏雨(ほあし きょうう、文化7年4月15日(1810年5月17日) - 明治17年(1884年)6月9日)は、幕末から明治時代に活躍した文人画家である。
田能村竹田の高弟。
日本最後期の文人画家のひとり。
幼名は熊太郎のち庸平、諱は遠、字を致大、杏雨のほか鶴城・聴秋・半農などと号した。
豊後の人。

関連作品

帆足杏雨が亡くなってから、137年と174日が経過しました。(50213日)