芸能人・経営者のおくやみ情報

木下逸雲(きのしたいつうん)

絵師・南画家[日本]

(慶応2年8月4日没)

1866年 9月12日 死去沈没享年67歳

木下 逸雲(きのした いつうん、寛政12年8月1日(1800年9月19日) – 慶応2年8月4日(1866年9月12日))は、江戸時代後期の長崎の南画家。
鉄翁祖門・三浦梧門と共に長崎三大家とされる。
幼名弥四郎といい、のちに通称を志賀之介とした。
諱を相宰。
逸雲は号、ほかに如螺山人・物々子。
室号を養竹山房・荷香深処とした。

関連作品

木下逸雲が亡くなってから、155年と76日が経過しました。(56690日)