芸能人・経営者のおくやみ情報

古筆了佐(こひつりょうさ)

古筆鑑定家[日本]

(寛文2年1月28日歿)

1662年 3月18日 死去享年91歳

古筆 了佐(こひつ りょうさ、元亀3年(1572年) - 寛文2年1月28日(1662年3月18日))は、近江国生まれの古筆鑑定家。
古筆家初代。
本姓は平沢、通称は弥四郎、諱は範佐(のりすけ)といい、出家して名を了佐と改めた。
その後、古筆の鑑定を専業とするため、関白・豊臣秀次の命により古筆に改姓した。
手鑑や茶会の床の掛物として古筆切の鑑賞が盛行すると、その筆者が誰であるのかということが重要になってくる。
そして鑑定を依頼するようになり、古筆の真贋を鑑定する古筆鑑定家が生まれた。
大村由己、鳳林承章、烏丸光広など多くの人が鑑定に携わっていたが、古筆了佐はこの古筆の鑑定を生業とした。

関連作品

古筆了佐が亡くなってから、359年と260日が経過しました。(131385日)