芸能人・経営者のおくやみ情報

小曽根乾堂(こそねけんどう)

商人、書家、文人画家[日本]

1885年 11月27日 死去享年59歳

 - ウィキペディアより引用

小曽根 乾堂 (こぞね けんどう、文政11年5月2日(1828年6月13日) - 明治18年(1885年)11月27日)は、江戸時代末期から明治時代の日本の事業家・書家・文人画家・篆刻家である。
明治政府の勅命により御璽・国璽を刻したことで知られる。
また、坂本龍馬のよき理解者であり、財政面を支えている。
幼名を六郎太、六朗。
諱を豊明、字を守辱、乾堂は号で室号を鎮鼎山房・浪平釣叟とした。
通称は栄。
長崎の人。

関連作品