芸能人・経営者のおくやみ情報

伊達宗城(だてむねなり)

伊予宇和島藩主[日本]

1892年 12月20日 死去享年75歳

 - ウィキペディアより引用

伊達 宗城(だて むねなり)は、幕末から明治初期にかけての大名・政治家。
伊予宇和島藩8代藩主。
伯爵。
大身旗本・山口直勝の次男。
母は蒔田広朝の娘。
正室は佐賀藩主・鍋島斉直の娘・益子。
祖父・山口直清は宇和島藩5代藩主・伊達村候の次男で山口家の養嗣子となった人物である。
生涯 文政元年(1818年)、江戸に生まれる。
幼名を亀三郎と称した。
文政10年(1827年)4月、参勤交代による在国に際し、宇和島藩主・伊達宗紀の仮養子となる。
文政11年(1828年)10月、宇和島藩家臣・伊達寿光の養子となったが、翌文政12年(1829年)4月11日、嗣子となり得る男子に恵まれない藩主宗紀の養子となる。
宗紀の五女・貞と婚約して婿養子の形をとったが、貞は早世してしまい、婚姻はしなかった。
藩政時代 天保15年(1844年)、養父の隠居に伴い藩主に就任する。
宗紀の殖産興業を中心とした藩政改革を発展させ、木蝋の専売化、石炭の埋蔵調査などを実施した。
幕府から追われ江戸で潜伏していた高野長英を招き、更に長州より村田蔵六を招き、軍制の近代化にも着手した。

関連作品