芸能人・経営者のおくやみ情報

大塩平八郎(おおしおへいはちろう)

儒学者・陽明学[日本]

(天保8年3月27日没)

1837年 5月1日 死去自決享年45歳

 - ウィキペディアより引用

大塩 平八郎(おおしお へいはちろう)は、江戸時代後期の儒学者、大坂町奉行組与力。
大塩平八郎の乱を起こした。
通称は平八郎、諱は正高、のち後素(こうそ)、字は子起。
号は連斎・中軒・中斎。
家紋は揚羽。
大塩家は今川氏の末流と言われ、代々大坂東町奉行組与力を務めており、平八郎は初代の大塩六兵衛成一から数えて8代目にあたる。
大坂天満に生まれた。
かつては平八郎が養子で阿波国の生まれとする説も存在したが、乱に関する幕府評定所の吟味書の記述などから、養子である可能性は否定されている。

関連作品

  • タイトル
    通俗洗心洞箚記 (温古堂文庫)
    種別
    Kindle版
    著者
    • 大塩平八郎
    • 温古堂文庫
    • 下中芳岳
    出版社
    ページ数
    発売日
    新品価格
    ¥350
    中古商品
  • タイトル
    大塩平八郎
    種別
    Kindle版
    著者
    出版社
    オリオンブックス
    ページ数
    発売日
    新品価格
    ¥110
    中古商品

大塩平八郎が亡くなってから、184年と268日が経過しました。(67474日)