芸能人・経営者のおくやみ情報

藤本義一 氏(ふじもとぎいち)

作家脚本家司会者[日本]

2012年 10月30日 死去肺炎享年80歳

直木賞作家の藤本義一(ふじもと・ぎいち=本名よしかず)氏が、30日午後10時18分、肺炎のため兵庫県西宮市の病院で死去した。79歳だった。堺市出身。 大阪府立大卒。在学中の1957年にラジオドラマ「つばくろの歌」で芸術祭文部大臣賞。その後、映画や放送の脚本を書くと共に、小説を執筆するようになった。 大阪の人情や人物を題材にした作品が多く、74年、明治期の上方芸人を主人公に、芸一筋の姿を描いた「鬼の詩(うた)」で直木賞を受賞。テレビの深夜番組「11PM」に、65年の放送開始から90年の最終回まで司会者として出演するなど、関西を拠点に幅広い分野で活躍した。 若手漫才師と台本作家の勉強会「笑(しょう)の会」を主宰するなど上方演芸の発展に尽くし、ご意見番的存在だった。阪神大震災で親を亡くした子供の心のケアをする施設「浜風の家」の建設にも取り組んだ。 

関連作品

「藤本義一」と関連する故人