芸能人・経営者のおくやみ情報

大槻磐渓(おおつきばんけい)

漢学者[日本]

1878年 6月13日 死去享年78歳

 - ウィキペディアより引用

大槻 磐渓(おおつき ばんけい、享和元年5月15日(1801年6月25日) - 明治11年(1878年)6月13日)、名は清崇、江戸時代後期から幕末にかけて活躍した漢学者。
文章家としても名高い。
仙台藩の藩校、養賢堂学頭であった磐渓は、幕末期の仙台藩論客として奥羽越列藩同盟の結成に走り、戊辰戦争後は戦犯として謹慎幽閉された。
父は蘭学者の大槻玄沢。
子に大槻如電と大槻文彦(国語学者で『言海』編者)がいる。
親戚に養賢堂の学頭、大槻平泉がいる。

関連作品