芸能人・経営者のおくやみ情報

芳賀徹 氏(はがとおる)

比較文学者[日本]

(東京大学名誉教授)

2020年 2月20日 死去胆嚢がん享年90歳

芳賀 徹(はが とおる、1931年5月9日 - )は、日本の文学研究者、比較文学者。
国際日本文化研究センター・東京大学名誉教授、京都造形芸術大学名誉学長、静岡県立美術館館長。
来歴・人物 東京府(現・東京都)生まれだが、本籍は山形県。
父は中世日本史を専攻した歴史学者芳賀幸四郎で、父が左翼活動で東京高等師範学校を退学になった直後に生まれている。
東京高等師範学校附属小学校(現・筑波大学附属小学校)では、同じクラス(第1部)からのちに東大教授となった者が五人いた。
平川祐弘、石井進、高階秀爾、平田賢である。
高階とは後に京都造形芸術大学においても同僚となり、芳賀が京都造形芸術大学学長、高階が京都造形芸術大学大学院長を務めた。
平川と伊東俊太郎とは東京大学教養学部の同僚であり、伊東とは後に国際日本文化研究センターにおいても同僚となる。
1950年に東京教育大学附属中学校・高等学校(現・筑波大学附属中学校・高等学校)を卒業。
新制大学第一期生で、1953年、東大教養学部教養学科フランス分科第一期生として卒業、続いて大学院比較文学比較文化専修課程第一期生。

関連作品