芸能人・経営者のおくやみ情報

山崎正和 氏(やまざきまさかず)

作家評論家[日本]

2020年 8月19日 死去悪性中皮腫享年87歳

山崎正和 - ウィキペディアより引用

山崎 正和(やまざき まさかず、英語: Masakazu Yamazaki 1934年〈昭和9年〉3月26日 - 2020年〈令和2年〉8月19日)は、日本の劇作家、評論家、演劇研究者。
サントリー文化財団副理事長、大阪大学名誉教授、経済産業省参与。
日本芸術院会員、文化功労者、文化勲章受章者。
関西大学文学部教授、大阪大学文学部教授、東亜大学学長、文部科学省中央教育審議会会長(第4期)、LCA大学院大学学長などを歴任した。
京大文学部に入学、美学を専攻した。
早くから演劇に興味をもち、1963年に戯曲『世阿弥』を発表した。
『世阿弥』は同年俳優座によって上演され、英語、ドイツ語に訳されて、ニューヨーク、フィレンツェでも上演された。
1967年にはイエール大学で日本文学を講じている。
『後白河法皇』(1966年)、『冬の花火』(1968年)など多数の話題作を発表して、劇作家としての地位を築いた。
一方、評論の分野でも活躍。
とりわけ『劇的なる日本人』(1971年)は、従来劇的でないとされてきた日本人の生活の中に、西洋とは異質の劇的精神があることを指摘した。
その他、『柔らかい個人主義の誕生』(1984年)、『文化開国への挑戦』(1987年)、『大停滞の時代を超えて』(2012年)など、幅広い視野で文化論・文明論を展開している。

関連作品

山崎正和さんが亡くなってから、3年と237日が経ちました。(1333日)