芸能人・経営者のおくやみ情報

梅棹忠夫 氏(うめさおただお)

生態学者、民俗学者[日本]

(国立民族学博物館初代館長)

2010年 7月3日 死去老衰享年91歳

梅棹 忠夫(うめさお ただお、1920年6月13日 - 2010年7月3日)は、日本の生態学者、民族学者、情報学者、未来学者。
国立民族学博物館名誉教授、総合研究大学院大学名誉教授、京都大学名誉教授、理学博士(京都大学、1961年)。
従三位勲一等瑞宝章。
日本中東学会初代会長を務めた。
1963年に発表した「情報産業論」はセンセーションを巻き起こした。
今では当たり前の言葉になった「情報産業」という言葉を初めて用いた。
1964年には自身を中心とした若手研究会による私的研究会「万国博覧会を考える会」を発足。
小松左京が万博に参加するきっかけを作った。
「京大式カード」の生みの親でもある。

関連作品