芸能人・経営者のおくやみ情報

今西錦司 氏(いまにしきんじ)

文化人類学者登山家[日本]

1992年 6月15日 死去享年91歳

 - ウィキペディアより引用

今西 錦司(いまにし きんじ、1902年1月6日 - 1992年6月15日)は、日本の生態学者、文化人類学者、登山家。
京都大学名誉教授、岐阜大学名誉教授。
日本の霊長類研究の創始者として知られる。
理学博士(京都帝国大学、1939年)。
京都府出身。
今西の活動は登山家、探検隊としてのものと、生態学者としてのものがあり、彼の中では両者が不可分に結びついている。
探検家としては国内で多くの初登頂をなし、京都大学白頭山遠征隊の隊長などを務めた。
生態学者としては初期のものとしては日本アルプスにおける森林帯の垂直分布、渓流の水生昆虫の生態の研究が有名である。
後者は住み分け理論の直接の基礎となった。
第二次大戦後は、京都大学理学部と人文科学研究所でニホンザル、チンパンジーなどの研究を進め、日本の霊長類学の礎を築いた。
学歴 1920年3月 京都府立第一中学校卒業 1925年3月 第三高等学校卒業 1928年3月 - 京都帝国大学(現京都大学)農学部農林生物学科卒業 1939年12月 - 京都帝国大学理学博士 職歴 1933年3月 - 京都帝国大学理学部講師嘱託 1936年5月 - 京都帝国大学理学部講師 1938年8月 - 京都帝国大学内蒙古学術調査隊 1938年12月 - 京都探検地理学会 1939年6月 - 興亜民族生活科学研究所研究員 1941年(夏) - ポナペ島探検 1941-1942年頃 - 国防科学研究所 1942年5月-7月 - 北部大興安嶺探検 1942年 - 京都高等蚕糸学校非常勤講師 1943年 - 民俗学研究所嘱託 1944年 - (蒙古善隣協会)西北研究 ……

関連商品

いまにしきんじ [生]1902.1.6.京都[没]1992.6.15.京都生態学者,人類学者,探検家。京都大学農林生物科卒業(1928)。京都大学,岡山大学教授,岐阜大学学長を歴任。第2次世界大戦前は,数次にわたり白頭山,ポナペ,ターシンアンリン(大興安嶺)などを探検。戦後は,ネパールヒマラヤ,マナスル,カラコルム,ヒンドゥークシ探検。この間水生昆虫などの生態学的研究を行い「すみわけ理論」を提唱。ニホンザルなど霊長類研究グループの養成,進化理論の展開などに貢献。1972年文化功労者に選ばれ,79年文化勲賞を受賞。著書『生物社会の論理』(49),『人間以前の社会』(52),『今西錦司全集』(75)。 (引用元 コトバンク)