芸能人・経営者のおくやみ情報

小松左京 氏(こまつさきょう)

作家[日本]

(「日本沈没」など)

2011年 7月26日 死去肺炎享年81歳

「日本沈没」など壮大なスケールのSF小説で知られ、1970年の日本万国博覧会(大阪万博)のプロデューサーなども務めた作家、小松左京(こまつ・さきょう、本名実=みのる)さんが26日午後4時36分、肺炎のため大阪府箕面市の病院で死去した。80歳だった。大阪市出身。葬儀は済ませた。 京大文学部卒。経済誌記者や漫才台本作家などを経て、62年、「SFマガジン」に「易仙逃里記」が掲載されデビューした。9年がかりで執筆した近未来SF「日本沈没」を73年に発表。地殻変動で危機に直面する日本の運命をリアルに描き、日本推理作家協会賞や星雲賞を受賞。上下巻合計で400万部を超える大ベストセラーに。 同作は映画化、テレビドラマ化され、一大センセーションを巻き起こした。2006年には33年ぶりに映画のリメーク版が公開された他、作家谷甲州氏との共著で「第二部」を発表し、健在ぶりを示した。 他に、自ら映画版の脚本、製作、総監督を手掛けた長編「さよならジュピター」(星雲賞)や、「果しなき流れの果に」「地には平和を」「日本アパッチ族」「復活の日」「首都消失」(日本SF大賞)など。 プロデューサーとしての手腕も発揮。大阪万博や85年の国際科学技術博覧会(つくば博)、90年の「国際花と緑の博覧会」などに関わった。 今月8日に体調を崩して入院していた。事務所によると、亡くなる直前、東日本大震災に関連して「今は大変な時期かもしれないけれど、この危機は必ず乗り越えられる。この先、日本は必ずユートピアを実現できると思う。日本と日本人を信じている」とのメッセージを残したという。 (2011/07/28-20:09)

小松 左京(こまつ さきょう、1931年(昭和6年)1月28日 - 2011年(平成23年)7月26日)は、日本の小説家。
本名、小松 実(こまつ みのる)。
星新一・筒井康隆と共に「御三家」と呼ばれる、日本SF界を代表するSF作家。
1970年の日本万国博覧会でテーマ館サブ・プロデューサー、1990年の国際花と緑の博覧会の総合プロデューサーとしても知られる。
宇宙開発の振興を目的とした啓蒙活動にも力を入れ、宇宙作家クラブの提唱者で顧問を務めるなど、執筆以外の活動を幅広いジャンルに対して行っていた。
生い立ち 先祖は阿波(徳島県)の小松から千葉の外房に行った漁師の一族。
父親は明治薬学専門学校(現・明治薬科大学)夜学在学中に東京の老舗の漢方薬屋の娘と婚約しのちに結婚した。
父親が薬学を捨て電気機械の商いを志し、大阪で金属加工の町工場を興したため、大阪府大阪市西区で五男一女の次男として生まれた。
4歳のとき兵庫県西宮市に転居し、その後は尼崎と西宮で育った。
京都大学で冶金工学を専攻し三洋電機の技術者となった兄は、戦争のさなかでも科学書を読み漁り、小松に科学の知識を教えた。

関連書籍

ミュージック

こまつさきょう [生]1931.1.28.大阪,大阪[没]2011.7.26.大阪,箕面小説家。本名小松實。京都大学イタリア文学科在学中,高橋和巳らと同人誌を発行,卒業後は経済誌記者や土木工事の現場監督など多くの職業を体験した。1959年頃からニュース漫才の台本なども書き始め,1962年『SFマガジン』の創刊号に書いた『地には平和を』が作家としての第一作となった。「もし戦争が終わっていなかったら」選びえたかもしれない未来,歴史を問いかけたこの作品が,作家としての基盤となり,以後,広範な科学知識と巧みな構成力で日本のSF小説の先駆者となった。廃虚で鉄を食べる一族を登場させた『日本アパッチ族』(1964),ウイルスが人類を破滅させる『復活の日』(1964),人類存亡の可能性を探った『継ぐのは誰か?』(1972)など相次いで話題作を発表した。なかでも地殻変動によって日本列島が沈没して日本民族が国を失うという『日本沈没』(1973)はミリオンセラーとなったばかりか映画にもなり,社会的なブームを巻き起こした。いずれの作品にも時代を先取りして俯瞰する文明論的な視点が貫かれており,その後も国際SFシンポジウムを組織するなど,国際的な活動を続けた。1974年日本推理作家協会賞,1985年日本SF大賞を受賞。 (引用元 コトバンク)