芸能人・経営者のおくやみ情報

別役実 氏(べつやくみのる)

作家評論家エッセイスト[日本]

2020年 3月3日 死去肺炎享年84歳

別役 実(べっちゃく みのる、べつやく みのる 1937年4月6日 - )は、劇作家、童話作家、評論家、随筆家である。
名の正式な表記は實。
サミュエル・ベケットの影響を受け、日本の不条理演劇を確立した第一人者である。
日本藝術院会員。
理学博士・随筆家の寺田寅彦の姉、駒の曾孫にあたる。
妻は女優の楠侑子。
一人娘の怜(べつやくれい)がいる。
安岡章太郎は遠戚である。
来歴・人物 1937年、満州国新京特別市(現中華人民共和国長春市)生まれ。
幼くして父を亡くす。
終戦と同時に日本に引き揚げてくるが、母子家庭のため清水市や長野市など親戚の家を転々とする。
長野北高校(現長野県長野高等学校)時代は画家を目指しつつ、聖書研究会に通うなどしていた。
高校卒業後、喫茶店のウェイターなどをしながら浪人生活を送り、早稲田大学政治経済学部政治学科に入学。
鈴木忠志らと出会い、劇団「自由舞台」で演劇と学生運動にのめり込む。
その結果、同大学を経済的事情により中退。
処女作は『AとBと一人の女』とされているが、正確にはその前の習作として『貸間あり』『ホクロソーセージ』などがあった。

関連作品