芸能人・経営者のおくやみ情報

寺田寅彦(てらだとらひこ)

物理学者俳人[日本]

1935年 12月31日 死去転移性骨腫瘍享年58歳

寺田寅彦 - ウィキペディアより引用

寺田 寅彦(てらだ とらひこ、1878年(明治11年)11月28日 - 1935年(昭和10年)12月31日)は、日本の物理学者、随筆家、俳人。
吉村 冬彦(1922年から使用)、寅日子、牛頓(ニュートン)、藪柑子(やぶこうじ)の筆名でも知られる。
高知県出身(出生地は東京市)。
東大物理学科卒。
熊本の五高時代、物理学者田丸卓郎と、夏目漱石と出会い、終生この2人を師と仰いだ。
東大入学後、写生文など小品を発表。
以後物理学の研究と並行して吉村冬彦の名で随筆を書いた。
随筆集に『冬彦集』(1923年)など。

関連作品

寺田寅彦が亡くなってから、88年と176日が経過しました。(32318日)