芸能人・経営者のおくやみ情報

安岡章太郎 氏(やすおかしょうたろう)

作家[日本]

2013年 1月26日 死去老衰享年94歳

 - ウィキペディアより引用

安岡 章太郎(やすおか しょうたろう、1920年(大正9年)4月18日 - 2013年(平成25年)1月26日)は、日本の小説家。
高知市生まれ。
北満に応召されるも結核により除隊。
第二次世界大戦後、病臥の中で小説を書き、芥川賞候補となった『ガラスの靴』で登場。
劣等生を以て自認し、個人や市民の内面を掘り下げた私小説的作品で、「第三の新人」の一人と目された。
米国留学後はエッセイでも活躍。
日本芸術院会員。
文化功労者。

関連作品

安岡章太郎さんが亡くなってから、8年と311日が経ちました。(3233日)