芸能人・経営者のおくやみ情報

吉行淳之介 氏

作家[日本]

1994年 7月26日 死去肝臓がん享年71歳

 - ウィキペディアより引用

吉行 淳之介(よしゆき じゅんのすけ、1924年(大正13年)4月13日 - 1994年(平成6年)7月26日)は、日本の小説家。
父は吉行エイスケ、母は美容師吉行あぐり、女優吉行和子と作家吉行理恵は妹。
岡山県生まれ。
東京大学英文科中退。
『驟雨』で芥川賞受賞。
「第三の新人」の一人で、『砂の上の植物群』『暗室』など、性を媒介として人間を探求した作品で高い評価を受けた。
また、自身の少年期に材をとった小説でも知られる。
エッセイや対談も多い。
他方で、文壇的活動も活発で、多くの文学賞の選考委員を務めた。
芸術院会員。

関連作品

吉行淳之介さんが亡くなってから、27年と127日が経ちました。(9989日)