芸能人・経営者のおくやみ情報

庄野潤三 氏

作家[日本]

2009年 9月21日 死去老衰享年89歳

 - ウィキペディアより引用

庄野 潤三(しょうの じゅんぞう、1921年(大正10年)2月9日 - 2009年(平成21年)9月21日)は、日本の小説家。
庄野英二の弟。
大阪府生まれ。
九州大学東洋史学科卒。
『愛撫』で認められ、『プールサイド小景』で芥川賞受賞。
「第三の新人」の一人と目され、『静物』『タべの雲』など、都市生活者の不安定な日常を、穏やかな描写と叙述で深く彫り上げた作品を多く発表した。
晩年は、老夫婦の生活や孫とのふれあいをテーマに連作を書き継いだ。
芸術院会員。

関連作品

庄野潤三さんが亡くなってから、12年と27日が経ちました。(4410日)