芸能人・経営者のおくやみ情報

河鍋暁斎(かわなべぎょうさい)

浮世絵師[日本]

1889年 4月26日 死去胃がん享年59歳

 - ウィキペディアより引用

河鍋 暁斎(かわなべ きょうさい、天保2年4月7日〈1831年5月18日〉 - 明治22年〈1889年〉4月26日)は、幕末から明治にかけて活躍した浮世絵師、日本画家。
号は「ぎょうさい」とは読まず「きょうさい」と読む。
それ以前の「狂斎」の号の「狂」を「暁」に改めたものである。
明治3年(1870年)に筆禍事件で捕えられたこともあるほどの反骨精神の持ち主で、多くの戯画や風刺画を残している。
狩野派の流れを受けているが、他の流派・画法も貪欲に取り入れ、自らを「画鬼」と称した。

関連作品

河鍋暁斎が亡くなってから、132年と178日が経過しました。(48391日)