芸能人・経営者のおくやみ情報

鈴木其一(すずききいつ)

絵師[日本]

(安政5年9月10日没)

1858年 10月16日 死去享年63歳

 - ウィキペディアより引用

鈴木 其一(すずき きいつ、男性、寛政7年(1795年) - 安政5年9月10日(1858年10月16日))は、江戸時代後期の絵師。
江戸琳派の祖・酒井抱一の弟子で、その最も著名な事実上の後継者である。
もと氏は西村、一説には山本。
諱は元長、字は子淵。
其一は号で、のちに通称にも使用した。
別号に噲々、菁々、必庵、鋤雲、祝琳斎、為三堂、鶯巣など。
近代に通じる都会的洗練化と理知的な装飾性が際立ち、近代日本画の先駆的な絵師とみなされている。
『夏秋渓流図』重要文化財 『朝顔図屏風』左隻

関連作品

鈴木其一が亡くなってから、163年と47日が経過しました。(59583日)

「鈴木其一」と関連する故人