芸能人・経営者のおくやみ情報

狩野常信(かのうつねのぶ)

絵師、江戸木挽町狩野家当主[日本]

(正徳3年1月27日没)

1713年 2月21日 死去享年78歳

狩野 常信(かのう つねのぶ、寛永13年3月13日(1636年4月18日) - 正徳3年1月27日(1713年2月21日))は、江戸時代前期の画家で、江戸幕府に仕えた狩野派(江戸狩野)の御用絵師。
木挽町狩野家2代目。
父は狩野尚信、母は狩野甚之丞の娘(または家女とも)。
幼名は三位、右近と称し、養朴・朴斎・耕寛斎・紫薇翁・古川叟・青白斎・寒雲子・潜屋・弄毫軒、篁渚山人などと号した。
妻は狩野安信の娘。
子に長男周信(木挽町狩野家3代)、次男岑信(浜町狩野家初代)、三男甫信(浜町狩野家2代)、娘(狩野探信室)。

関連作品

狩野常信が亡くなってから、311年と53日が経過しました。(113646日)