芸能人・経営者のおくやみ情報

狩野永徳(かのうえいとく)

絵師[日本]

(天正18年9月4日没)

1590年 10月12日 死去享年48歳

 - ウィキペディアより引用

狩野 永徳(かのう えいとく、天文12年1月13日(1543年2月16日) - 天正18年9月14日(1590年10月12日))は、安土桃山時代の絵師。
狩野派(室町時代から江戸時代まで日本画壇の中心にあった画派)の代表的な画人であり、日本美術史上もっとも著名な画人の1人である。
現存する代表作に『唐獅子図屏風』、『洛中洛外図屏風』、『聚光院障壁画』などがある。

関連作品