芸能人・経営者のおくやみ情報

狩野山楽(かのうさんらく)

絵師[日本]

(寛永12年8月19日没)

1635年 9月30日 死去享年77歳

狩野山楽 - ウィキペディアより引用

狩野 山楽(かのう さんらく、永禄2年(1559年) - 寛永12年8月19日(1635年9月30日))は、安土桃山時代から江戸時代初期の狩野派の絵師。
狩野山雪の養父。
狩野一族ではないが狩野永徳の門下に入り改姓、永徳亡き後は豊臣秀吉・秀頼父子の2代に渡り絵師として豊臣氏に仕えた。
そうした経歴が災いして窮地に陥るも九条幸家らの助命嘆願で救われ、彼を中心とする関係者に作品を提供する一方で江戸幕府からの注文もこなし、障壁画・屏風に永徳風の作品を残した。
江戸へ移った狩野派と疎遠になり、京都に留まった山楽の子孫は京狩野と称された。

関連作品

狩野山楽が亡くなってから、388年と204日が経過しました。(141921日)