芸能人・経営者のおくやみ情報

片桐且元(かたぎりかつもと)

戦国武将[日本]

(元和元年5月28日没)

1615年 6月24日 死去享年60歳

片桐且元 - ウィキペディアより引用

片桐 且元(かたぎり かつもと)は、安土桃山時代から江戸時代初期にかけての武将、大名。
賤ヶ岳の七本槍の一人。
豊臣家の直参家臣で、豊臣姓を許される。
関ヶ原の戦い以降は家老として豊臣秀頼に仕え、秀頼の命で、滅失していた方広寺大仏(京の大仏)及び大仏殿の再建にあたった。
しかし同寺院に納める梵鐘の鐘銘をめぐり方広寺鐘銘事件(京都大仏鐘銘事件)が生じ、大坂城を退出して徳川方に転じた。
且元系片桐家初代で、大和国竜田藩初代藩主となる。
弟に同国小泉藩主となった片桐貞隆がいる。

関連作品

  • タイトル
    片桐且元 (人物叢書)
    種別
    単行本
    著者
    • 曽根勇二
    • 日本歴史学会
    出版社
    吉川弘文館
    ページ数
    発売日
    新品価格
    ¥2,090
    中古商品
    ¥700より
  • タイトル
    片桐且元
    種別
    単行本
    著者
    • 鈴木輝一郎
    出版社
    小学館
    ページ数
    発売日
    新品価格
    ¥242
    中古商品
    ¥149より

片桐且元が亡くなってから、407年と214日が経過しました。(148871日)