芸能人・経営者のおくやみ情報

入川保則 氏(いりかわやすのり)

俳優[日本]

2011年 12月24日 死去直腸がん享年73歳

入川 保則(いりかわ やすのり、本名:鈴木 安則、1939年11月10日 - 2011年12月24日)は、日本の俳優、司会者、声優、ナレーター、タレント。
来歴・人物 兵庫県神戸市東灘区出身。
関西学院高等部卒業。
関西学院大学中退。
身長は171cm。
体重は70kg。
学生時代から俳優活動を在阪のテレビにて開始。
数年後に活躍の場を広げるために上京した。
現代劇と時代劇の両方で、主に脇役として活躍。
刑事ドラマや時代劇の悪役、男性的な役どころが多かったが、喜劇的な役も洒脱(しゃだつ)にこなしていた。
初期と中期は地元関西でのタレント・俳優活動が多かった。
3度の離婚歴があり、2度目の妻との間には娘が2人、3度目の妻であるホーン・ユキとの間には3人の息子がいる。
2004年にホーンと離婚。
その後は子供に頼ることもなく、神奈川県のアパートで一人暮らしの状態が続いていたという。
闘病と死 2010年7月、鼠径ヘルニアになり、病院で手術を受けた際に精密検査をして、直腸にがんが見付かった。

入川 保則氏(いりかわ・やすのり、本名鈴木安則=すずき・やすのり=俳優)24日午後3時20分、直腸がんのため神奈川県厚木市の病院で死去、72歳。神戸市出身。葬儀は家族のみで行い、来年1月に「お別れの会」を開く。 「水戸黄門」「部長刑事」など時代劇やドラマで名脇役として知られ、舞台や映画でも活躍した。今年3月、末期がんで余命半年と宣告されたことを公表。自ら「遺作」と宣言し、福島県白河市を舞台に撮影した主演映画「ビターコーヒーライフ」(来年5月公開)に出演した。 (2011/12/24-20:47)

関連作品