芸能人・経営者のおくやみ情報

明智光秀(あけちみつひで)

戦国大名[日本]

(天正10年6月13日没)

(ユリウス暦) 1582年 7月2日 死去自刃

 - ウィキペディアより引用

明智 光秀(あけち みつひで)は、戦国時代から安土桃山時代にかけて武将・大名。
明智十兵衛とも。
美濃国の明智氏の支流の人物。
一般に美濃の明智荘の明智城の出身と言われているが、他の説もある。
最初は、土岐氏に代わって美濃の国主となった斎藤道三に仕えた。
道三と義龍の親子の争い(長良川の戦い)の結果、浪人となり、越前国の一乗谷に本拠を持つ朝倉義景を頼り、長崎称念寺の門前に十年ほど暮らし、このころに医学の知識を身に付ける[21]。
その後、足利義昭に仕え、さらに織田信長に仕えるようになった。
元亀2年(1571年)の比叡山焼き討ちへ貢献し、坂本城の城主となる。
天正元年(1573年)の一乗谷攻略や丹波攻略にも貢献した。
天正10年(1582年)、京都の本能寺で織田信長を討ち、その息子信忠も新二条御所で自刃に追いやった(本能寺の変)。

関連作品