芸能人・経営者のおくやみ情報

南光坊天海(なんこうぼうてんかい)

天台宗の[日本]

(寛永20年10月2日没)

1643年 11月13日 死去

南光坊天海 - ウィキペディアより引用

天海(てんかい、天文5年(1536年)? - 寛永20年10月2日(1643年11月13日))は、安土桃山時代から江戸時代初期にかけての天台宗の僧、大僧正。
尊号は南光坊(なんこうぼう)、院号は智楽院(ちらくいん)、諡号は慈眼大師(じげんだいし)。
徳川家康の側近として、江戸幕府初期の朝廷政策・宗教政策に深く関与した。

関連作品

南光坊天海が亡くなってから、380年と194日が経過しました。(138989日)