芸能人・経営者のおくやみ情報

中野孝次 氏(なかのこうじ)

作家、ドイツ文学者[日本]

2004年 7月16日 死去享年80歳

中野 孝次(なかの こうじ、1925年(大正14年)1月1日 - 2004年(平成16年)7月16日)は、日本の小説家、ドイツ文学者、評論家。
元國學院大學教授。
東大独文科卒。
近代化と自己を冷静に分析したエッセイ『ブリューゲルへの旅』(1976年)、自伝小説『麦熟るる日に』(1978年)、愛犬の思い出を綴った『ハラスのいた日々』(1987年)で認められ幅広く活躍する。
ほかに『清貧の思想』(1992年)など。

関連作品

中野孝次さんが亡くなってから、19年と345日が経ちました。(7285日)